二重まぶたを作る方法

理想の目になりたい

二重まぶたに憧れている人は大勢いて、どうすれば二重に慣れるのか悩んでいます。
さまざまな方法によって二重まぶたになることができるのですが、それぞれの方法にはメリットもあれば、デメリットもあります。
たとえば美容整形をしたり、アイプチをしたり、自力でマッサージをして二重にする方法もあります。

まず美容整形で二重にする方法には、同じ整形でも埋没法と切開法という二種類があります。
埋没法というのは糸を使って縫い合わせることによって二重を作り出すことであり、切開法は皮膚を直接切開してしまって二重の形を作り出すという方法です。
美容整形をすることによって確実に二重まぶたを作り出すことが可能です。

きちんとしたクリニックを利用することによってキレイに整形してもらうことができます。
それによって、たとえスッピンの状態でも自然な二重まぶたを維持することができるのです。
そのため、メイク時間を短縮できるというメリットもあるのですが、ただしデメリットも存在します。

基本的に二重まぶたの美容整形というのは保険適用外となっているため、お金がかかってしまいます。
また、二重が必ずしも似合っているとは限らず、それによって顔の状態がおかしくなることもあるでしょう。
顔全体のバランスが崩れてしまい、余計に変な風になってしまうこともあるのです。

切開をしない埋没法は、最近ではプチ整形と呼ばれ年齢の若い人にも人気の施術方法となります。
メスを使わないため費用も安く済みリスクも少ないです。

しかし、埋没法の場合は切開法に比べると元に戻ってしまう可能性があります。
簡単に行える分気楽ではありますが、施術から期間が経ってしまったり目を強くこすりすぎてしまうと糸が切れやすくなってしまうのです。
瞼の形や厚みで埋没法に向いている人とそうでない人がいるので施術を受ける前にきちんとカウンセリングを受けるようにしましょう。
こちらの医院では満足できなければ返金してもらえるトライアルシステムというフォローもあるようです。
腫れない二重埋没整形手術 | 美容整形なら真崎医院

アイプチで二重まぶたにする

アイプチとはテープやのりなどを使って二重まぶたを作り出す方法であり、安価で簡単にできるため、特に若い女性が利用している方法です。
ドラッグストアで売っているためにすぐに道具を準備することができるのがメリットです。
メイク感覚で簡単に二重まぶたを作ることができるため、手術のように痛みが伴うことはなく、とても手軽にできます。

二重まぶたの形を変えることもできるため、自分の好みの形に調整することも可能なのです。
ただし、アイプチは多用したり、肌の弱い人が使ったりすることで皮膚にトラブルを引き起こしてしまうこともあるため気をつけましょう。
アイプチを使っているうちに炎症を起こしてしまったり、まぶたがひっぱられて皮膚が伸びてしまうケースもあります。

また、アイプチは水に弱いという欠点があるため、たとえばプールに入るとはがれてしまうでしょう。
万が一、アイプチがはずれるようなことがあれば、自分が二重まぶたでないことがばれてしまいます。
このようにいろいろな欠点があるのですが、そのことを理解して二重まぶたを作り出してください。