理想の部屋を探すための方法について

新生活準備は大変

春になると、大学進学や入社、転勤といったことで新生活を始めるという人が多くなります。
特に新生活を始めるにあたって一人暮らしをするという人は、物件選びや家具選びをしたり、インテリアを考えたりすることでとてもワクワクするものです。
やはり、新しいものに囲まれて生活するというのはとても気持ちが高まるものですし、浮かれやすいものでもあります。

しかし、いざ準備を始めていくと思い通りにならないこともたくさんあるものです。
イメージしていた物件が見つからなかったり、費用の面でも予想より大幅にかかることになったりと最初に思っていたものとは違うという状況になることも多くあります。

そこで、ここでは新生活を始めるにあたって失敗しない部屋探しの方法を紹介していきます。
新生活に期待が高まると気持ちが盛り上がってしまい冷静さを欠いてしまうこともあるからこそ、ポイントをしっかり頭に入れた上で部屋探しをするようにしましょう。

物件選びの際にまずは生活のシミュレーションをする

いざ目の前に物件を目にすると、その物件の印象が良いと一気に自分の中で考えていた条件が飛んでしまうことがあります。
物件選びはスタートであってゴールではありません。
その物件に住んで生活をすることを考えて、生活をしやすい物件であるかをしっかりと考えることが必要です。

では、生活しやすい物件というのはどういったものであるのでしょうか。
まずは、通勤や通学の便が良いことです。
毎日のことですから、駅からの距離や街灯の多さ、坂道の有無、通勤時間や電車の乗り換え数といったことはあらかじめ考えておきたいですし、これらに不満が出てくるとかなり生活の満足度は下がってしまいます。

次に、スーパーやドラッグストア、病院といった施設の有無とその距離といったことも確認していきます。
意外と忘れがちなこととして、学校が近くにあると平日休みの人は朝早くから登校する子供の声で目が覚めてしまうということもあるということです。
自分の仕事の日と休みの日の一日の生活の様子をシミュレーションして、その生活の中で何か問題がないかを洗い出すことが重要となります。

どうしても物件を見ていると、その家の内装や設備にばかり目が行きがちです。
しかし、生活してから不便を感じるのは、こういった生活環境での問題の方が多いです。
そこで、こういったことはしっかりとシミュレーションして判断するようにしましょう。

間取りとレイアウト

一人暮らしの場合、一般的には1Rや1Kの物件が選ばれがちです。
特にビジネスマンで仕事が忙しい人は自宅で過ごす時間も短くなるので一部屋あれば十分なことが多いです。

部屋数が多くなればそのぶん掃除をする場所も増えてしまいます。
そのため、部屋数は多ければ良いとは限りませんから注意しましょう。

また、家賃や設備についても妥協できるポイントとそうでないポイントをしっかりと吟味することが重要です。
少しの我慢のつもりでも、それが毎日となれば苦痛となることもあります。
家賃も予算を千円超えても年間では1万2千円となりますから決して安いものではないことを踏まえて決めるようにしましょう。